脱毛エステの強引な勧誘に対して

脱毛のエステサロンの口コミを見てみると、

その強引な勧誘に対する苦情が多く見られます。

 

この強引な勧誘に対してどう対処するかご説明していきたいと思います。

多くのエステサロンでは低価格のお試しキャンペーンを設けています。

そこで、その続きをしたければそれはそれでよいのですが、問題は断りたい場合です。

 

エステサロンの勧誘は小部屋などに通されてなされる場合が多く、

とてもしつこく入会を勧められることが多いようです。

 

密室でしつこく勧誘され、怖くなって入会してしまう人も多いんだとか…。

 

もちろん、きっぱりと断り続けるのがベストなのですが、なかなか難しいですよね。

そういうときは、録音機をテーブルの上に置くことをおススメします。

 

録音することで証拠にもなりますし、抑止力にもなります。

もし入会なさるつもりだったとしても、録音機を持って行ったほうがよいですヨ。

 

できるならば、その場で決めてしまわずに、一度家に帰って、

脱毛の施術をした患部の様子を見てから決めるようにしてください。

 

時間が経ってから、施術した部分の様子がおかしくなることもあります。

その場では決めない、録音機を用意する、この二つは必ず守るようにしてください。

 

さて、その場で契約してしまったけど、やっぱり解約したい場合。

条件によっては、クーリングオフが可能です。その条件とは以下の3点です。

 

「契約をした日から8日以内(8日目の消印まで有効)」「契約期間が1ヶ月以上」

「契約金額が総額5万円以上」これらの条件を満たしているならば、

契約したエステサロンに「契約を解除する」旨を手紙やはがきに書いて8日以内に送りましょう。

 

この際に、きちんと8日以内だということを証拠に残しておいたほうがよいです。

内容証明郵便もしくは簡易書留がおススメです。

8日が過ぎてしまったけど、解約したい場合は、“中途解約”になります。

施術をまだ受けていない場合は「支払い金額-2万円」となります。

 

施術を受けている場合は、「支払い金額-(施術を受けた回数×1回あたりの施術費用)+2万円または残金の10%のうちいずれか低い方)」となります。

 

また、クーリングオフであっても中途解約であっても、

化粧品など関連商品は未使用であれば返品できます。

行きたいと考えているエステサロンにどんな評判があるのか、

口コミなどを参考にして、よくよく考えてから行くようにしてくださいね。

 

また、矛盾しますが、口コミは100%信用できるものではないということも了解しておいてください。

そして、最後は自分で自分の身は守るという心構えをお忘れなく。